スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライラックにはお客さま




赤毛のアンの家グリーンゲイブルズの庭にも
ゆたかな香りをただよわせるライラックが
日本でも咲く季節になりました。

こんな小さな花にも、咲くのを待ちかねたように
ハチたちが蜜を集めにやって来るのは、不思議なほどです。

蜜蜂はほとんど、ヒトを刺したりしないとわかってはいるのですが
何度かハチに刺されたことのある身としては
ちょっとビクビクしながら、しばし一緒に過ごします。


lila2.jpg


一枚目の写真は「ミス・キム」という種類。
今年は、よりライラックらしい花形にひかれて
新しい「姫ライラック」なる種を手に入れてしまいました。
この固体だけなのか、香りは薄め。

スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プラダを着た悪魔 on DVD!

   

お正月に映画館で見てきた映画 『プラダを着た悪魔』 が
DVDで発売されました。
公開当時と?っても気に入っていたのでDVDも予約して即買いですアップロードファイル

有名大学を卒業した主人公のアンディ(アン・ハサウェイ)は硬派のジャーナリスト志望。
ですが、実績の無い新卒はなかなか希望の仕事には採用されません。
ところが偶然欠員ができた一流ファッション雑誌「RUNWAY」誌の
編集長アシスタントの仕事に雇ってもらえる事に。

この女性編集長がスゴイ!まさに鬼。
次々と無理難題を言いつけ、つかえないアシスタントは即クビにする人です。
はじめは「なんで私がこんな理不尽な目に」とか
「ファッションなんて他愛もない」と軽く見ていたりするアンディですが
その仕事に必死に取り組む人たちを見て、だんだんと社会人として
ファッション界の一員として自覚が芽生えていきます。

やるからにはしっかりやらなきゃ、と一念発起
自分のファッションにも力を入れて大変身キラキラ

仕事もある程度軌道にのってくる頃、改めてまわりを見回して
自分の本当にやりたい仕事はこれでいいのか
ファッション界に流されていく自分を感じて
思い迷うアンディですが…


ストーリー自体はシンプルなサクセスストーリー(もどき)ですが
みるみる洗練されていくアンディのファッションがお洒落。
会話も洗練されてて、面白くて、何度も繰り返して見たくなります。
これでアンディの彼氏がもっとカッコ良かったら言うことなし。

見ると、オシャレしたくなる!
痩せたくなる!
恋したくなる!

見るサプリですうっとり・3-2
楽しい気分になりたい人はぜひ試してみてね。


この役で今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていた
編集長役のメリル・ストリープの怪演に注目?
口癖の「That's all」一言だけで
あらゆる感情を表現する、その圧倒的な存在感。
たった一言が、ときには凍りつくほどキビしくコワく
ときにはクスッとおかしくて、も?う職人技です。圧巻です。




テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

コロキアの花




枝モノとして考えていたコロキア・コストネアステルCorokia cotoneasterに
つぎつぎと黄色い花が咲いてきました。
直径は1,5?ほどです。

近頃花材で「おもしろいな?」と思うようなものは
たいていニュージーランドかオーストラリア原産です。
コロキアもニュージーランドからの植物。





枝の感じはこんなんなってます。アップロードファイル

去年は日陰に置いたら枯れちゃってスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
花は見られなかったので、突然(?)咲き出してちょっとビックリ。
オレンジの実がなるそうで、それも見てみたいです


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

カナダオダマキ





カナダオダマキ「コルベット」Aquilegia canadensis "corbett"
咲きました。

あれ?、これって園芸ブログだったよなぁ??たしか。
なんて思いながらひさびさに園芸モノのアップです。

小さな小さな原種系オダマキ。
カナダの山岳地域に自生するそうです。

一般的なカナダオダマキは花がオレンジ色がかっていますが
コルベットはクリアな黄色。
蕾のうちは黄緑色で葉の色も明るい緑でとってもカワイイです。


一度国際バラとガーデニングショウに出店していた山野草店で
花付き苗を見かけたものの、
そのときは園芸カタログにも載っていた気がしたので
買わなかったら、これが二度と出会えない。

ずっと気になって、種で譲っていただいて
1年半、やっと花を見ることができました。


草丈は20cmほど。
同じ原種系オダマキのチョコレートソルジャーと同じくらいの大きさです。
チョコレートソルジャーと違い香りはなし。
と、言っても私はチョコレートソルジャーの香りがイマイチよくわかんないのですが…
とっても小さいので地面に這いつくばって匂いをクンクンなんて
できないもーん。それじゃ変な人過ぎ。



2、3年前はバラだったし、その前のマイブームはクリスマスローズでした。
去年から、じつはオダマキにはまっています。

オダマキ・タワーブルー



タワーホワイト



タワーは3色あるのですが、どうもピンクだけが弱いみたいです。
今年3色セットで買ったのですが、ピンクだけが花芽が上がりません。
今シーズンは咲かないのかなあ?

去年もピンクだけすぐ枯れてしまったし
そのせいか、ショップでもピンクの取り扱いのないお店が多いようです。






『ブラッド・ダイアモンド』



[自由][家族][真実]--彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た....


公開されたばかり、『ブラッド・ダイアモンド』観てきました。


元傭兵アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は反政府組織“RUF”に
武器を売り、その見返りのダイヤを密売する密売人。

“RUF”に捕らえられダイヤ鉱夫として働かされていた漁師ソロモンは
100カラット以上のピンクダイヤを発見。
爆撃のドサクサに紛れてダイヤを土中に埋め隠すが、
“RUF”にバレて家族を人質にとられる。

ジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)は
ダイヤの裏流通ルートを追って、不正取引の事実を公表を目差している。

アーチャーはダイヤを密売組織と折半して[自由]を手に入れたい。
ソロモンは[家族]を取り返したい。
マディーは[真実]を追求して不正を正したい。

3人は利用し合い、しだいに協力し合って
隠したダイヤを取り戻しに内乱の地へ入っていきます。
そこでわたし達観客が目の当たりにするアフリカ内乱の悲劇と真実。



ひさびさに良かったです。
社会派ドラマですが、あまりに政治的論理的になりすぎず
ポイントだけをしっかり押さえてあったので
エンターテイメントとしてもばっちり楽しめます。

あまりにも情緒性に流されずに、クールで淡々としたストーリー運びなので
かえって南北問題の深刻さが際立つようになっているとも思いました。

それでいて
反政府テロ組織に命を(というよりダイヤを)狙われて逃げまわる
爆撃銃撃シーン、アクションシーンの連続に息つく間もない143分。


残念なのは撮影。
2006年アカデミー賞5部門ノミネートなのですが
当然撮影賞は入っていません。

アフリカの景色の美しさをもっと映し込めば
さらに事実の悲惨さが強調されるでしょうに。
また、公聴会?等でのシーンはカメラアングルをもっと低くした方が
臨場感がでるんじゃないかな??


タイタニックで大ブレイクしたレオナルド・ディカプリオが
すごーーーく上手くなってて、感動させられました

彼はタイタニック以来、かえってバッシングというか
低い評価に甘んじさせられていた感がわたしにはあるのですが
受賞は逃しましたが3回目のノミネート、もう実力で
ひとにあれこれ言わせないぞってくらいの迫力です。イイです。


おすすめ度高し。
エンドクレジット後映像:なし。


テーマ : “ブラッド・ダイヤモンド”
ジャンル : 映画

『ホリディ』

holiday.jpg



ソフトバンク携帯のCMでおなじみキャメロン・ディアス扮するアマンダと
タイタニックのヒロインだったケイト・ウィンスレット扮するアイリス。
アマンダはLAで、アイリスはロンドン郊外で
クリスマス1週間前に、同時に手ひどい失恋をした彼女達は
ホームエクスチェンジという新しい休暇のスタイルで
急遽の休暇をとる事に。


ホームエクスチェンジとは、
お互いの家と車、その他の全てを交換して2週間を過ごすというもの。

そこへ、アマンダにはアイリスの兄が
アイリスにはアマンダの元彼の友人が訪ねてきて、新しい恋の予感…


135分はながーく感じる、平凡な作品でした
だいたいホリディって、クリスマス前から大晦日までの話なのに
今どきの公開というあたりも、配給会社の投げやりさを感じます。

意外と良かったのはジュード・ロウ。
今までジュード・ロウをかっこいいと思った事がなかったのですが
彼のアマンダへの恋の告白シーンがあまりにもピュアで
胸に迫るものがあったので
「わたしがアマンダならココで全てを捨てて即グラハムにはしっちゃうけどな?!」
と思っちゃいましたョん。

アイリスの相手役マイルズは映画の音楽を入れる仕事。
ルックスは「この人が恋愛映画の主役?」っていうジャック・ブラックですが
アイリスの曲なんて作ってくれちゃう。
この辺のとこ、乙女心はクラッとくるツボですよね。






ただ、ケイト・ウィスレットとキャメロン・ディアスは束になってかかっても
やっぱりメグ・ライアンには勝てませんよね?

『キューティ・ブロンド』のリース・ウィザースプーンが
アカデミー主演女優賞をとって演技派へ転向してしまったらしい今
空席と思われるロマンチックコメディの女王の座は
いったいどうなるのでしょうか?

個人的にはネスカフェのCM見る限りでは
まだメグ・ライアンでもいけそうな気も。


アマンダが映画の予告トレーラーフィルム製作の仕事をしていることから
アマンダの妄想で映画の予告風ナレーションが入るのがおかしい!

他にも、アイリスとマイルズが行くDVDショップでも
映画ファンにはうれしいお楽しみシーンあります。


気になってる人は、DVDで今年のクリスマスに見るのがお薦めかな?
エンドクレジット後映像:なし


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

タグふれんず
カテゴリー
カレンダー
03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
まねきねこダック
recommend


簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン


七栄グリーンのコンテナ スタイル


赤毛のアンに隠されたシェイクスピア


家守綺譚 (新潮文庫)

イベント
ダイアログ・イン・ザ・ダーク







ネット家庭学習教材 ショウインキッズ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
  • Author:juno
  • 物語にでてくる花の色や香りを「どんなだろう?」と想像することはありませんか?
    実際に出会えたときは幸せな気分、探しているときはパズルを解くようでワクワクするわたしの、物語の中の植物を実際に育ててみる写
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Welcome
最近のトラックバック
eiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。