スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロモジ




梨木香歩著 『マジョモリ』 から、クロモジです。


大人たちからは「御陵」と呼ばれ、「入ってはいけない」といましめられている
秘められた森「マジョモリ」。
ある日、つばきのところに森からの招待状が届きます。

出かけていったつばきは、森で出会った「あの方」とお茶会をすることになります。
そのときのお茶うけをいただくのに「あの方」が使うのがクロモジ。

「ようじ」の別名ではありますが
昔はクロモジの木を皮ごと裂いて作っていたようです。

この木はまだ若木ですね。
枝も細いので、しっかりしたクロモジをたくさんとることは出来なさそう。





マジョモリ



わたしは大人なので、読んでいて心にとまったのは
つばきのお母さんが「私もご招待されたーい」とスネるところ。


大人になったら、もう招待状は来ないの?

ご招待されたら、わたしにはちゃんと聞こえるかな?

たぶん、きっと、大丈夫。





テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

くろもじ、ね。

お茶をやっていたので、お世話になって、あのごつごつした黒の部分を思い出してます。
でも、この本、とても素敵そう。読んでみたいかも。
私は、今、ちょっとの暇を見つけては「クレヨン王国」シリーズ読み直し月間に突入中です。あの本にも、いろんな自然や生き物が出てきて、一体どんな感じなんだろう、と貧困な想像力を駆使しています。

へえっ。

お茶をやってないので、クロモジの記憶が曖昧なの。
はっきり黒いってほど黒かったんですのね。

充分成長すると黒くなるのかしら?

クレヨン王国は良いという評判は聞いていて
姪に買ってあげたこともあるのですが
なぜか縁がなくてまだ読んだことがありません。
自然系ならぜひ読まなくちゃ!
Secret

タグふれんず
カテゴリー
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
まねきねこダック
recommend


簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン


七栄グリーンのコンテナ スタイル


赤毛のアンに隠されたシェイクスピア


家守綺譚 (新潮文庫)

イベント
ダイアログ・イン・ザ・ダーク







ネット家庭学習教材 ショウインキッズ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
  • Author:juno
  • 物語にでてくる花の色や香りを「どんなだろう?」と想像することはありませんか?
    実際に出会えたときは幸せな気分、探しているときはパズルを解くようでワクワクするわたしの、物語の中の植物を実際に育ててみる写
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Welcome
最近のトラックバック
eiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。