スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュセス・ド・ブラバン

20050526155439.jpg



1857年作出のオールドローズ。
赤毛のアンに登場する「バラ」は本が書かれた年代からして
一重が多い原種のバラか、オールドローズでしょう。

我が家にあるオールドローズはこれだけなのですが
かわいらしい純粋なピンク色、コロンとした深いカップ咲きの花形からして
かなりイメージに近いと思います。

そして、すばらしいティーの香り!
グリーンゲイブルズにあるバラは、「摘むと指によい匂いがつく」と
書かれているので、香りははずせない特徴です。
木も枝も細く花びらも薄い、繊細なバラです。








20050527081204.jpg

蕾の様子です。


20050527081216.jpg

だんだんに開いてきました。

コメント

優しい色ですね

とてもきれいな薔薇ですね。色も優しいピンクで素敵。アンは本当の薔薇はピンクだけと言ってましたが、ホントそんな感じがします。

オールドローズ

私はギルバートと同じで「白が一番好き」なんですが、
本当の薔薇はピンクのだけという気持ちもよく分かります。
なんとなく、薔薇はピンクってイメージですよね?
なのにピンクのオールドローズって、思ったより少ないんです。
お友達の家にあるので、今度マダム・ピエール・オジェという薔薇を載せたいと思います。
やっぱりかわいらしいイメージの花なんです。
Secret

タグふれんず
カテゴリー
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
まねきねこダック
recommend


簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン


七栄グリーンのコンテナ スタイル


赤毛のアンに隠されたシェイクスピア


家守綺譚 (新潮文庫)

イベント
ダイアログ・イン・ザ・ダーク







ネット家庭学習教材 ショウインキッズ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
  • Author:juno
  • 物語にでてくる花の色や香りを「どんなだろう?」と想像することはありませんか?
    実際に出会えたときは幸せな気分、探しているときはパズルを解くようでワクワクするわたしの、物語の中の植物を実際に育ててみる写
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Welcome
最近のトラックバック
eiga.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。